前へ
次へ

インターナショナルスクールに入試はあるか

インターナショナルスクールには入試があります。一般的なインターナショナルスクールが採用している入試システムは、アメリカかヨーロッパのシステムです。8月から新学期で6月に終業式というのが通常のスタイルで、入試時期は11月~年明けが多いでしょう。日本では願書は秋以降に受付が開始されるのが一般的ですが、本来一年中願書を受け付けているのがインターナショナルスクールですから、対応は各校によって異なります。入試の難易度は学年が上がるほど上がりますが、どの学年でも親の面談があり、スタイルは三者面談か親だけとマチマチです。そして一連の流れで最も注意すべきなのが、子供より親に高い英語力が必須となる点です。面談も英語、数枚に及ぶ願書も英語ですから、少なくとも英語がネイティブ並みの親でないとなかなか難しいでしょう。由緒正しきインターナショナルスクールなら尚のこと、入試面談の相手がネイティブの校長先生か、学年担任のネイティブの先生ですから、そこは留意しておきましょう。

Page Top